検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ

【囲碁】棋力基準表

自分の囲碁のレベルを把握するときに棋力を知っておく必要がありますので、
わかりやすい囲碁の棋力基準表があったので貼り付けてみます。
棋力を把握しておきたい方は参考にしてみて下さい。



30級:ポン抜きの理解と地の計算ができる。
29級:アタリが分かり、連続と切断の判別ができる。
28級:着手禁止点が分かる。
27級:シチョウで石を追える。
26級:ゲタで石が取れる。
25級:コウの基本が分かる。
24級:眼が理解できる。
23級:カケメを理解できる。
22級:中手(ナカテ)が分かる。
21級:価値ある手とダメの違いが分かる。
20級:カケメを使って攻める。
19級:中手(ナカテ)を使って攻める。
18級:簡単な攻め合いとセキがわかる。
17級:ウッテガエシがわかる。
16級:追い落しが分かる。
15級:独自で終局が分かる。
14級:囲い方の要領が理解できる。
13級:相手の地が荒らせる。
12級:切りとツギが的確に打てる。
11級:ハネとノビが的確に打てる。
10級:取り方、逃げ方の基本を全てマスター。
9級:有段者(初段、2段)に星目(9子)で打てるようになる。
8級:取り方、逃げ方の基本が完全に理解できるようになる。
7級:相手の地を荒らす技術がつく。大場とダメ場の違いが分かる。
6級:攻め合いや死活で手筋が使えるようになり、ある程度の形勢判断ができる。
5級:アマチュアの平均的棋力。下手をこなす力もつく。
4級:基本定石を使えるようになる。プロに星目(9子)で打てるようになる。
3級:ヨセの大小が分かり、中盤での地の計算がかなり分かるようになる。
2級:手どころで数手の読みができる。
1級:基本技術のすべてを使えるようになる。初段に先で打てるようになる。

初段:有段者としてのマナーを身につけている。
2段:布石のレパートリーが広がる。
3段:手筋の応用ができるようになる。
4段:難解手筋の理解と応用ができ、高段者にわずかのハンディで打てるようになる。
5段:アマ高レベル棋戦の出場機会が増える。
6段:県代表レベル。
7段:プロにわずかのハンディで打てる。
8段:全国代表レベル、プロと互角で打てる。
関連記事

テーマ: 囲碁
ジャンル: 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

(*'ー')LP☆

Author:(*'ー')LP☆
 
ニコ生でゲーム実況生主として活動中!
基本的にレトロゲームを中心に
ゲーム実況をやっています(゚ー゚*)

放送開始のお知らせはツイッターに
流していますので、もし興味があれば
お気軽にフォローしてくださいな!
 

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
566位
アクセスランキングを見る>>